メニューを開く メニューを閉じる
日比谷ステーション法律事務所へのご相談はこちら
日比谷ステーション法律事務所の電話番号03-5293-1755 まずはお気軽にお電話ください
お問合せはこちら

よくある質問

告訴・告発について

  1. 犯罪被害にあった場合、被害届の提出は効果がありますか
  2. 告訴とはどのようなものですか。被害届との違いは何ですか。
  3. 告訴は誰がすることができますか
  4. 告訴が必要な犯罪にはどのようなものがありますか
  5. 絶対的親告罪と相対的親告罪とは何ですか
  6. 共犯者がいる場合、全員分の告訴が必要ですか
  7. 複数の犯罪がなされた場合、全ての犯罪について告訴しなければいけませんか
  8. 親告罪の告訴期間とは何ですか
  9. 昔、被害に遭った事件についても告訴して処罰してもらうことはできますか
  10. 公訴時効とは具体的にどのようなものですか
  11. 犯人が国外に逃亡してしまったのですが、それでも告訴できますか。また、公訴時効にかからないですか
  12. 犯人をよく知らない場合でも告訴できますか
  13. 告発ができる人は誰ですか
  14. 匿名で告発はできますか
  15. 告訴状・告発状はどこに提出すればいいですか
  16. 告訴・告発はどのような方法で行えばいいですか
  17. 告訴・告発する際に必要な資料はありますか
  18. 自分で告訴状を作成し警察に提出しましたが、受理してくれません。そのようなことは認められますか
  19. 告訴状を提出したのに警察がなかなか動いてくれません。どうしたらいいですか
  20. 告訴・告発はどのくらい受理され、どのくらい起訴されますか
  21. 告訴状・告発状の提出を取り消すことはできますか
  22. 告訴状・告発状を取り消しましたが、やっぱり処罰をしてもらいたいです。再度告訴することはできますか
  23. 告訴・告発をしましたが、実は嘘の事実に基づくものです。どうなりますか
  24. 告訴・告発したにもかかわらず、検察官が起訴または不起訴処分を行わない、又は行ったとしても不起訴処分をした場合に、検察官のかかる行為は違法であるとして争うことはできますか
  25. 告訴・告発したにもかかわらず不起訴処分になってしまった場合、他にどのような方法がありますか

検察審査会制度について

  1. 検察審査会とは何ですか
  2. 検察審査会はどのような手続きにより裁判を開始させることができますか

付審判請求手続について

  1. 付審判請求手続とは何ですか
  2. どのような手続により裁判が開始されますか

被害者参加制度について

  1. 被害者参加制度とは何ですか
  2. 被害者参加制度には誰が参加できますか
  3. 被害者参加制度に参加するためにどのような手続きが必要ですか
  4. 被害者参加制度へ参加したら何ができますか
  5. 被害者参加制度へ参加したいが、被告人と顔を合わせたくない場合に対処してもらえますか

損害賠償命令制度について

  1. 損害賠償命令制度とは何ですか
  2. 損害賠償命令制度の対象となる犯罪は何ですか
  3. 損害賠償命令制度を行うには誰がどのような手続きをする必要がありますか
日比谷ステーション法律事務所へのご相談はこちら
日比谷ステーション法律事務所への連絡は 03-5293-1755 まで 日比谷ステーション法律事務所への連絡は 03-5293-1755 まで
日比谷ステーション法律事務所の受付時間は月曜から金曜の午前9時から午後6時
日比谷ステーション法律事務所お問合せボタン